08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

めろんと私の日常会話

2010.02.17 (Wed)

めろんに話しかけるのは、日常的な事なので、いつも当たり前にやっているのですが・・・

今朝も、うっすら雪の積もるお山への道をサクサク歩きながら、おやつのおねだりをするめろんに
『ダメでちよ~。ナイナイでちよ~』などと言いながら、何も持ってない手のひらをめろんに見せます。

その時、私とめろんの足音とは別のサクサク・・・という音が!
思わず音のする方を見ると、歩道脇の植栽の向こう(つまり車道)に、明らかにヘンな人を見てる目をしたおねぇさんが

きっとおねぇさんからはめろんが見えないので、ワタシが独り言をしゃべるヘンなおばさんに見えたのでしょう

見られちゃったねぇ

慌てて
『めろん、なにかニオイがするの?そろそろ帰ろうね~』
などと、見えてなくてもいかにも犬と歩いてるような会話を繰る広げるワタシ
わかってもらえたかな?

かーさん声がでかいから・・・


それにしても、お山に向かう道には立派な歩道があるのに、毎日のようにここを歩いているような人に限って車道を歩いているのはなぜ?
車を運転する立場としても、歩道がある所は歩道を歩いてくださいっと言いたい。

じゃないと、ワタシがヘンなおばさんに見える確立が高くなるじゃないですか~~~

確立の問題?

ちょっと恥ずかしくて焦った朝のお散歩でした。


夕方のお散歩では、リョータくんとななちゃんに会えました。
その様子は次回アップの予定です。
(もったいぶってごめんなさいでも、眠気には勝てませ~ん



応援、よろしくです
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:35  |  お散歩  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

コメント

あら~ん。
お姉さん「この人、メロンが好物なのかしら…よほど食べたいのね」なんて思っただけだったりして。
めろん、ちっちゃいから見えにくいしね!(笑)

寒いのに、夕方のお散歩もお山にお出かけするあちゅこさん、素晴らしいワン!
ぴろこ |  2010.02.17(水) 23:41 | URL |  【編集】

穴があったら、入りますか?お姉さんを埋めますか(笑)?

ふっふっふ、ワンコ連れなら一度や二度は経験する恐怖を味わったんですねv-411。他人様には大声で独り言を言ってるようにしか見られず、しかもそれが赤ちゃん言葉(爆)とくればもう失うものはありませんv-221。最後の写真にあらわれているように、かーさんLOVEのめろたんでさえリードが届く限り必死に距離をおいて他犬のふりをしようとする状況でございます。

と、他人事のように言いましたが、実家ワンコとお散歩行く時はしょっちゅうやってましたv-405。「良い子れしね~」なんて、あー今思い出しても恥ずかしい…。
みき |  2010.02.18(木) 06:18 | URL |  【編集】

コメント、ありがとうございます

v-254ぴろこさんへ
メロンが好物と思われただけならいいけど、やっぱり大きな声で独り言をしゃべり続けるのはイタイ・・・あながち普段から独り言をいわないタイプではないしねぇv-356
夕方はお山までいったけど、朝は中腹までしか行けなかったの。
なかなか朝夕お山に行くのは難しいよね~v-414

v-254みきさんへ
そうですねぇ、おねぇさんを埋める穴のほうが小さくてすみそうだし・・・
って!ついついのっちゃったじゃないですかv-363
せめて赤ちゃん言葉じゃなければ恥ずかしさも半分になるかもしれませんが、めろんといるとついこんな言葉に・・・
でも、わんこと暮らす人はみんな体験済み?
安心しましたv-353
これからもしゃべくり続けますわんv-344
あちゅこ |  2010.02.18(木) 11:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://sibamerotusin.blog34.fc2.com/tb.php/645-2e0b1f22

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。