06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ベッカム

2009.05.28 (Thu)

めろんの大親友のベッカム。
ベッカム1


昨日の夕方、息を引き取りました。
末期のガンでした。

連絡をもらって、すぐに会いに行きました。

眠るように横たわるベッカムの体に触れると、伝わってくる温もり。
もっと生きたかっただろうに・・・
でも、穏やかな寝顔のようなお顔は・・・
全てを受け入れ、納得して逝ったようにも見えました。
ベッカム2


最後まで、ほとんど飼い主さんの手を煩わせる事がなかったと聞きました。
頑張ったね、ベッカム。
どんなにつらかっただろう。
えらかったね。
本当にえらいよ。

大好きだよ。これからもずっと、ずっと大好き!
ベッカム3


いつか、私たちもそっちに行くから待っててね。

めろんは、新しい場所がすごく緊張しちゃうから、その時はベッカムがお兄ちゃんになってめろんをよろしくね。
ベッカム4


病気が分かってから、ベッカムママさんをはじめご家族のみなさんは前向きに治療に取り組んでいらっしゃいました。
そばでメソメソしてしまうだけの私と違って、いつも先を見据える姿に頭が下がりました。

最後は、主治医の先生に対する感謝の気持ちも言葉にされていました。

ベッカム、あなたの家族は素敵だね。
3年という短い時間だったけど、きっと毎日幸せだったね。

ご家族の心中を察すると、言葉もありません。
でも、なんにもできなかったけど、ベッカムの生きた証として記事にさせてもらいました。
そして、これからもずっと忘れないよ。
だって、大好きだもの。

仲良くしてくれてありがとう。
ベッカム5

ご冥福を心からお祈りします。


スポンサーサイト
10:52  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(27)

コメント

ベッカム君・・・。
記事を読んで驚きました・・・そして一枚目のお写真を見てると涙が出ます。
直接お会いした事はないけれど私にはキャバリア=ベッカム君だったから・・・。
あまりのショックでベッカム君・ベッカムママさん・めろん君への言葉が出ません・・・。
ご冥福を心からお祈りします。

くっきいママ |  2009.05.28(木) 11:44 | URL |  【編集】

こんなに素晴らしいスマイルをもう見る事はかなわないのですね。記事を読みながら、仕事中にも関わらず泣きそうになり、涙をこらえました。3年なんて短すぎます。飼い主さん達の悲しみを思うと本当に残念でなりません。ご冥福をお祈りします。
ジョニ子ママ |  2009.05.28(木) 14:47 | URL |  【編集】

いつもいつもめろんちゃんといしょに

とびきりの笑顔を見せてくれましたね。

とってもとっても心が暖かくなりました。

本当にありがとう。

心からご冥福をお祈りします。
emihana |  2009.05.28(木) 15:53 | URL |  【編集】

ベッカムくんが、そんな事になっているとは、想像もしていなかったので、今日のブログを読んで、自分の目を疑いました。
まだ若くて、青春まっさかりの年頃なのに。。。。
ベッカムくんと会った事もないけれど、涙がとまりません。
迷子になる事なく、虹の橋を渡れる事を心よりお祈りします。

めろんくんは、この事実は受け止める事はできるのでしょうか?
飼い主さんの次に寂しいのは、めろんくんかもしれませんね。
ゆり |  2009.05.28(木) 16:26 | URL |  【編集】

どうして、こんなに早く・・嘘でしょう・・・
チャコができなかった抗がん剤治療で
ベッカム君はきっと、また元気を取り戻して
来年もお誕生日を迎えられると信じていたのに・・・
前からひかいちちゃんに会いに行きたいって思っていて
その時にはベッカム君とめろん君にも会いたいって勝手に思っていたけど
もうベッカム君には会えないなんて・・・

チャコは9歳で、それでも早かったって言われるけど
ベッカム君はそれよりも・・
でも、時間の長さじゃないって、最近思うんですよね。
一緒に過ごした時間の内容だって。
きっとベッカム君の3年間は、とても素晴らしい犬生だったって思います!

1年前の私が辛かった時の事を思うと
ベッカム君のご家族にかける言葉が見つかりません・・・
涙が溢れます・・・

いつもめろん君と男同士で遊んでる姿が、本当に微笑ましくて大好きでした。
もうその二人の姿を見られないのは、とても残念だけど・・
でもたくさんの思い出をありがとう!
心からご冥福をお祈りします・・・
チャコぼす |  2009.05.28(木) 16:36 | URL |  【編集】

安らかに

昼間に記事を読んで電車の中なのに涙が落ちそうになってしまい、一旦読むのを止めてしまいました。今自宅で残りを読んで、やっぱり泣いてしまいました。まだ3才のお誕生日を迎えたばかりなのに、ブログの写真で元気なワンパクぶりを見せてくれていたのに、めろんくんと本当に良いコンビだったのに…。ブログのこちら側から一方的に見ていただけなのに悲しくて仕方ありません。無論ベッカムくんのご家族の想いには及ぶべくもないですが。せめて安らかに眠れるようお祈りします。苦しみも痛みを全部捨てて楽しい思い出だけ持って天国で思い切り遊びの続きをしてね。そして、ご家族や彼を愛した周囲の人とワンコたちの心の痛みはなくなることはなくても和らぐ日が一日も早くきますように。
みき |  2009.05.28(木) 20:46 | URL |  【編集】

ベッカム君、メアリも大好きだったわ・・・・・
天国のお花畑でめろたんのような親友に会えることをお祈りしています。
優しいSOULは私たちのなかにいき続けてくれるから
めろたんも寂しいでしょうけれどまた会える日まで元気に過ごそうね・・・・・
メアリ |  2009.05.28(木) 21:00 | URL |  【編集】

ベッカムくんへ

初めてコメントします。先にひかいちちゃんのところにおじゃましてベッカムくんのことを知りました。私も同じ思いをしたのでベッカムママさんのことを思うと胸が締めつけられそうです。ベッカムくん、いっぱいいっぱいかわいがってもらって、めろんくんやひかりちゃんやいちごちゃんといっぱいっぱい遊んで楽しかったね。短くても幸せだったよね。
yukihikari |  2009.05.28(木) 21:31 | URL |  【編集】

ベッカムがいなくなったら、「もう二度と犬なんて飼いたくない」という気持ちになるのかなと思っていたのですが、今は逆に「また、犬が飼いたい」と思っています。そんなやさしい気持ちにさせてくれたのも、ベッカムのおかげです。みなさん、ベッカムのこと大好きでいてくれてありがとうございました。
ベッカムママ |  2009.05.28(木) 21:36 | URL |  【編集】

ベッカムママさんへ

気持ちわかります。今私は3歳になるひかりという柴犬と暮らしています。ひかりも男の子です。ひかりとの毎日は楽しいです。でも、亡くなったゆうくんのことを忘れたことは一度だってありません。
yukihikari |  2009.05.28(木) 21:47 | URL |  【編集】

びっくりしています。。。。ベッカム君が病気だったなんて信じられません。
ついこのあいだもめろん君と仲良く遊んでいたでしょ?
いつも男の子同士仲良くって「いいなぁ~」って微笑ましくみていました。
ベッカム君がすべての苦しみ痛みから解き放たれ天国でまた元気に走り回っている事をお祈りしています。
こじまま |  2009.05.28(木) 23:30 | URL |  【編集】

くっきいママさんへ

驚かせてしまいましたね・・・
ごめんなさい。
ベッカムは大好きでとっても身近なわんこだったけど、やはり私のわんこではないので、病気の事を私がアップする事は違う気がして出来ませんでした。
今、ベッカムが旅立ったという現実を目の前にすると、ベッカムの存在をなんとか形にしたくて日記にさせてもらいました。
私がひとつ言える事は、闘病中のベッカムとご家族は立派だったと言う事です。
ベッカムは、本当に良く頑張りました。
陽気な性格そのままに、歩ける限り、食べれる限り、笑える限り、全力で生き抜いたと思います。
今はただ、安らかに・・・と祈るばかりです。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 06:38 | URL |  【編集】

ジョニ子ママさんへ

お仕事中の息抜きのはずが、泣かせてしまいましたね・・・
めろんと暮らしてみて、3歳くらいからがお互いの結びつきの強さを実感してきたので、これから更にって時のベッカムが・・・
そう思うとやりきれません。
飼い主さんの悲しみを考えると本当に言葉もありません。
ただ、冥福を祈るのみです。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 06:43 | URL |  【編集】

emihanaさんへ

めろんと一緒にベッカムが見せてくれたとびっきりの笑顔。
呼ぶとお耳を飛行機の羽のように伸ばして駆けてきてくれました。
歩く姿は、まるでステップを踏むかのように楽しそうで・・・
亡くなる数日前まで、ベッカムはそうだったんです。
ベッカムが私たちにくれたものは、とても大きくて暖かくて、これからもずっと心の中で大事にします。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 06:48 | URL |  【編集】

ゆりさんへ

まさに犬生はこれからなのに・・・
なぜこんな運命だったんだろう?
考えても答えが出ないのに、そんな事ばかり考えていました。

めろんは、この事実を理解してるか分かりません。
ただ、ぬくもりの残るベッカムと対面して帰宅すると、めろんは私の体に付いた残り香をゆっくり優しく長い時間嗅いでいました。
その後、私のそばから離れずそばにずっといたので、なにかは感じていたのかもしれません。
でも、ベッカムの事はめろんに語り掛けられずにいます・・・
あちゅこ |  2009.05.29(金) 06:53 | URL |  【編集】

チャコぼすさんへ

はい、ベッカムは逝ってしまいました・・・
最初の抗がん剤は、とてもよく効いて、その時点で飼い主さんも最悪の事態を予想していたけれど、もしかしたらこのまま薬とのお付き合いは切れなくても、ずっとこのまま生きていけるのではないかと・・・
そんな風に思っていました。
それが、急激に状態が悪化して・・・

チャコぼすさんの励ましは、ベッカムママさんをとても力づけてくださったと思います。
本当にありがとうございました。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 06:58 | URL |  【編集】

本当に驚きました。
めろん君の大親友のベッカム君。
大きなお目目やふわふわのお耳でたくさんめろん君とお話していたね。
そんな男同士の絆を本当に楽しませていただいたし、うらやましくもありました。
大好きな家族に大好きな友達にいっぱい愛されたベッカム君だから、
きっとたくさんの人を幸せな気持ちにできる優しいオーラをもっていたんですね。
ベッカム君とご家族の皆様のようにしっかりと優しく強く太い愛情の絆を築いていきたいと
あらためてつよく思いました。
今は本当にお辛いでしょうし、そのお気持ちを考えるとどうしていいのか
わからずただただ心が痛くて…。

ベッカム君のご冥福を心からお祈り申し上げます。
優しい時間を本当にありがとうございました。
小春巻き |  2009.05.29(金) 10:46 | URL |  【編集】

みきさんへ

治療を始めて、一旦はすごく回復したかのように見えたベッカム。
お散歩で会うと、いつもとなにも変わらないように歩いて走っておやつを食べて・・・
だけど、ベッカムの体の中では病魔が着実に広がり、ベッカムはそれを受け止めていたのかと思うといたたまれなくなります。
今は苦しい思いから開放されて、楽になったかな?
それだけが救いです。
ベッカムを愛した人たちに、優しい時間が流れる事を願います。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 15:25 | URL |  【編集】

メアリさんへ

ベッカムは、陽気で優しく誰にでも愛される子だったから、きっと天国でも大丈夫だと思います。
めろんは、ベッカムにもう会えないとわかっているのか分かりませんが、心の中でずっと覚えているのは間違いないです。
私も、ベッカムとの思い出がいっぱいのお山を、めろんとベッカムの事を話しながらお散歩するにはもう少し時間がかかりそうです。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 15:30 | URL |  【編集】

yukihikariさんへ

ベッカムは、短い生涯でしたが幸せだったと思います。
だって、ママさんを見つめる目がいつも愛情と信頼に満ちていたから。
大切な家族であるわんちゃんを亡くし、そして新しいわんちゃんを迎えられた実感のこもったメッセージに感謝します。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 15:34 | URL |  【編集】

ショックと驚きで言葉もありません・・・・
このコメントも出来ないくらいの涙が溢れ、ベッカム君とめろんちゃんのブログを思い返して見ました。
1枚目のベッカム君との写真、こうしてみるとめろんちゃんにお友達になってくれて有り難う、僕幸せだったよって言っているみたいに見えました。
ベッカム君の知らないところでこんなにいっぱいのベッカムファンがいた事も忘れないでね・・・
時々風になって一球の家にも遊びに来てね待ってるからね~

ベッカム君のご家族の皆様へ
ご家族の心情を思いますと本当に心が痛むばかりです。
ご家族がこよなく愛し続けたベッカム君!その愛らしいベッカム君に出会えたことに感謝いたします。

ベッカム君のご冥福をお祈りいたします。

よしりん |  2009.05.29(金) 15:44 | URL |  【編集】

ベッカムママさんへ

私もね、愛犬を亡くすと、もう・・・って思うと思ってたの。
だけど、ベッカムママさんと同じ思いでベッカムとベッカムママさんご家族の事を思っていました。
きっと、ベッカムもそう望んでいるんじゃないかと、そんな気がするくらいです。
ベッカムは、すごく愛されていたし愛していたわんこ。
短い生涯だったけれど、すごく充実していたようにそばで見ていても思いました。
ベッカムママさんは、キャバリアが先天的に起こりやすいとされている病気に備えてとても気をつけていましたね。
いつもたっぷりの愛情とたっぷりのお散歩。
ベッカムは、病気で痩せたとはいえ、筋肉はしっかりと最後まで付いていた。
体力のある若いわんこですら勝つ事の出来ない病気だったのですね。
ベッカムママさんは、どうしてこんな事になってしまったのかと自問自答してご自分を傷つけて・・・
でも、これは予想して予防できる事態じゃなかった。
ベッカムママさんご家族が選択した治療法は、今後同じ病気で苦しむわんちゃんの治療に役立つ貴重な症例になるとお医者さんも言ってくださった。
ベッカムはもういないけど、その命は存在意義のある命になりました。
ベッカムの存在は大きいね。
ベッカムが残してくれた優しい気持ち、私も大事にします!
あちゅこ |  2009.05.29(金) 15:50 | URL |  【編集】

こじままさんへ

私も、完治はないにしても一旦回復した状態がずっと続くのかと思っていました。
ずっと続いて欲しいと願っていました。
でも、ベッカムはつらい苦しみから解放されたのだと、今は元気に天国で遊んでいるのだと思いたいです。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 15:55 | URL |  【編集】

小春巻きさんへ

私もベッカムからたくさんの幸せをもらいました。
昨日、このブログ内検索で、ベッカムで検索して読み返してみました。
いつもなんて優しくて可愛くて前向きでいい子なんだろうって、あらためて思いました。
今回のベッカムの死に出会って・・・
毎日、何気なくそばにいる事、健康である事、愛おしいと思う気持ち、それらに深い感謝の気持ちを持ちました。
そしていつかはやってくる別れについて思いを馳せました。
今はベッカムにありがとう、って伝えたいです。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 16:02 | URL |  【編集】

よしりんさんへ

私も、ベッカムに会えて本当によかった。
そして、めろんとこんなにも仲良くなってくれた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
私もベッカムの大ファンです。
ベッカムの事を思いながらコメントのお返しをしている間中、めろんは私の足もとにいます。
そっと背中を私の足につけて。
なにか感じているのかな?
めろんもいつか天国に行く時も、生まれ変わっても、大親友になってくれたら嬉しいです。
あちゅこ |  2009.05.29(金) 16:09 | URL |  【編集】

ベッカムとめろんのコンビ大好きでした・・・

初コメントですが、いつも見ています。

なんということでしょうか・・・
あまりに驚いて言葉を失いました・・

ベッカム君とめろん君は大親友。
写真を見ていると、二人の表情や二人の間の雰囲気は人間である私でさえ羨ましく思うほどの友情に結ばれていただけに目頭が熱くなり涙しました・・・

めろん君はこの事実をしっているのでしょうか?お山でベッカム君いつ来るかな~と探すのでしょうか?
それとも二人の仲だからもしかして悟っているのでしょうか。そんなことを考えるともうなんとも・・・

でもきっと何らかの形で、当然ベッカム君家族はもちろん、めろん君の前に現れるではないかと思います。

今度お山でめろん君が散歩しているときに、ベッカム君がいるときのあの笑顔がふっと出たときは、きっとベッカム君が天国からちょいと降りてきて、、めろん君の傍でいっしょに仲良くお山を散歩しているに違いないと思います。

ベッカム君のご冥福をお祈り申し上げます。 (誤字編集しました)
クロ |  2009.05.29(金) 23:38 | URL |  【編集】

クロさんへ

クロさん、書き込みありがとうございます。
ブログにアップしてきためろんとベッカムの写真の通り、ふたりは本当に仲良しでした。
私もベッカムが大好きだし、きっとベッカムも私の事を悪く思ってなったと思います。
人懐っこいキャバリアですが、ベッカムは誰にでも懐く子じゃなかった。
その辺は柴であるめろんとの共通点でした。
ベッカム、また私たちの前に来てくれるかな?
もし見えなくても、一緒にまた歩きたいです。
でも、そんな風に思うと、ちゃんと天国にいけないんじゃないか、、、なんて心配になったり・・・
今は、苦しみから解放されて安らかである事を心から願います。
あちゅこ |  2009.05.30(土) 21:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://sibamerotusin.blog34.fc2.com/tb.php/381-0acf9d17

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。