06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

変わらぬ日々

2009.04.02 (Thu)

大好きな実家の祖母を亡くして、ちょっと落ち込み気味な日々を過ごしてます。
でも、そんな事ばっかり言ってられないし、普段のペースを取り戻さなくては!と、ブログをアップして、コメントもいただいて・・・
コメントのお返事を書いていると、なんとなく気がまぎれたと言うか、普段の心境に引っ張り上げてもらったような気がしました。
めろんの日記を見に来てくれる皆さん、コメントをしてくださった皆さん、ありがとうございます。

そして、可愛い私のめろん。
かぁしゃん

お山を歩きながら祖母の事を考えていると、『めろん』って呼ぶつもりが・・・
『おばあちゃん!』って言ってしまった。
すると、辺りをキョロキョロするめろん。
おばあちゃんがいると思ったかな?

そんな情けない私を見上げてくれる優しい瞳を見ると、いつまでもクヨクヨしてられないね、って思いました。

めろん、いい子♪
また元気いっぱいお散歩しないとね~。

お散歩楽しもうね
いつもそばにいてくれてありがとう。
めろん、大好きだよ。
スポンサーサイト
21:13  |  お散歩  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

コメント

あちゅこさんのお祖母さま亡くなられたんですね…。ご冥福をお祈り申し上げます。
飼い主が辛い時・悲しい時もワンコはいつもと同じようにそばにいてくれてほっとできますね。
めろん君、かぁしゃんは君の笑顔を待ってるよ。
ジョニ子ママ |  2009.04.02(木) 22:24 | URL |  【編集】

あちゅこさんへ

そうだったのですね・・・。だから3日・・・。寂しいですね。゚(PД`q。)゚。
めろん君の表情、あちゅこさんを心配そうに見ているのがわかります。
おばぁちゃんはおいくつだったのですか?娘さん達にとっては、ひぃおばぁちゃん(o'ω'o)?
そう考えるとΣ(o゚д゚oノ)ノ凄い!
おばぁちゃんって(@^▽^@)どんなおばぁちゃんだったのかしら?あちゅこさんに似てるの?
あちゅこさんにとっておばぁちゃんとの一番思い出ってどんなの?゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚
おばぁちゃんの事を考えると悲しいけれど、思い出なんかを振り返ると語りつくせない程たくさんありますよね♪それに笑顔になるし悲し涙が段々嬉し涙に変わりませんか?(笑)
お目目とお目目の間がつーんとなったら嬉し涙の証拠よ(@^▽^@)
私も祖母を亡くしてもう随分経ちますが、たまーに♪
ほんのたまーにですが夢に出てきます(@^▽^@)あちゅこさんだったら♪たくさん出てくるかもね゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚時にはめろん君の前で、くよくよあちゅこさんであってもいいかもなの。悲しい事も嬉しいこともみんな一緒でち(@^▽^@)パートナーでちものね♪
くっきいママ |  2009.04.03(金) 07:47 | URL |  【編集】

年をとるにしたがって、お別れの機会も多くなってきます。
小さい頃には考えてもみなかった身近な人とのお別れは、しみじみと寂しいですね。。。
でも、最近よく思うのですが、亡くなってしまった人は確実に自分自身の中に生き続けているんですよね。
その人の言葉やしぐさ、好きな物、物の見方や考え方など・・・知らず知らずのうちに自分の一部になってしまっています。
今のあちゅこさんがいるのは、ご両親やそのまたご両親やそのまたご両親・・・そのすべての方たちの命を受け継いでいらっしゃるからだと思うのです。。。

そういう意味で、この世の人と人のつながりはすべてご縁です。
もちろん、めろんちゃんとの出会いもv-353
ご縁あって、あちゅこさんのお家の子になって・・・めろんちゃんのかあしゃんになって・・・
今の時を共に過ごしているんですね。
喜びも悲しみもいっしょに分かち合える家族や仲間がいる幸せを感じるこの頃です。

おばあさまのご冥福を心からお祈りします。
emihana |  2009.04.03(金) 11:11 | URL |  【編集】

ジョニ子ママさんへ

ありがとうございます。
葬儀の後、少し仕事もお休みしたいな~と思ったけど、働き者だった祖母を思うと、怠けてなんていられない!と、バタバタしたあわただしい日常に戻りました。
そんな感じで、めろんともじっくり向き合ってないのですが、ふとした瞬間にそっと寄り添って来たり、ちょっと動きが止まった時にふわっと背を向けて座ってたりするめろんを見るにつけ、心がほぐされてます。
めろんがいてくれて本当によかったです。
あちゅこ |  2009.04.03(金) 23:09 | URL |  【編集】

くっきいママさんへ

私のアイデンティティは全て祖母が与えてくれた、といっても過言ではないくらいの大事な大事な人でした。
いつも溢れんばかりの愛情と笑顔で私を包んでくれました。
92歳の天寿を全うしたのだから笑って送ってあげたいと思ったけど、なんの恩返しも出来ないままに逝ってしまったので、どうしてもそうできなくて・・・
お花が大好きで、生け花が得意で。
初七日には桜が、そして四十九日はきっとつつじがいっぱい咲く頃になるのはおばあちゃんらしいと思いました。
そして命日となった頃は、コブシの花が満開でした。
コブシのアイボリーがかった白は、この季節の変わりやすく曇ったり晴れたりしていても、どの日も周りをパッと明るくするような色。
大好きな白です。
これもおばあちゃんらしいな、って思います。
どの季節も、周りで咲く花をめろんと眺めながら、祖母が私に残してくれた事に思いを巡らせたいと思っています。
あちゅこ |  2009.04.03(金) 23:26 | URL |  【編集】

emihanaさんへ

大切な人を失うと、心のどこかが壊れたような気がしていました。
でも、亡くなった人に、壊れた心をどのようにしてこれからを生きるか見ててもらえるように、恥ずかしくないようにするのが残された者の努めだと思ってました。
でも、私の心の中で祖母は生きていてくれるんですね。

祖母が亡くなってどうしようもなく悲しかったけれど、私の子供たちを含む祖母のひ孫たちを見ていると、祖母の命は受け継がれていくんだと、少し嬉しくもなりました。

私に愛情をいっぱい注いでくれたように、私も子供たちや甥っ子たちに愛情をいっぱい注げる人になりたいです。
あちゅこ |  2009.04.03(金) 23:34 | URL |  【編集】

お別れは、1度必ず・・・

ご不幸を、痛み入ります。
ご家族の皆様に、お悔やみ申し上げます。

しばらくは、悲しい思い続く事と思います。
でも、人間は幸い「一人」「一回」しか死ぬ事が出来ないのです。
その時に、残された方々が故人に対して「納得」出来ていれば、
故人も、安堵して次のステージに行けると思います。

生あれば必ず死は、訪れます。
人間とは、比較できませんが私も、小学生から一緒の秋田犬
2匹、やはりその時は、・・・・・・でした。

お子さん達が、この大切な「経験」を通して、今まで以上に
人間味のある、お子さんに育つ事を楽しみにしています。
しんちゃん |  2009.04.04(土) 00:28 | URL |  【編集】

しんちゃんさんへ

残された者が故人に対して「納得」・・・しなければならない、、、とは思っているのですが・・・
悔いばかりが頭の中をぐるぐるしてしまいます。
祖母には本当に申し訳ないけれど、多分時間がもう少しかかりそうです。
でも、こんな情けない母親の姿を子供に見せてはいけませんね。
がんばります。
本当にありがとうございます。
あちゅこ |  2009.04.04(土) 19:38 | URL |  【編集】

めろん君は励ましてくれていますよ、きっと

はじめまして。ひかいちちゃんブログから時々読み逃げに来ていましたが、お祖母様を亡くされたとの記事を見て初めてコメントします。大切な方を失われたこと、心からお悔やみ申し上げます。こういう時って失った人と、それから悲しみを支えてくれる今周りにいてくれる人々の両方から、心のつながっている人たちの大切さを改めて感じさせられますね。あちゅこさんの場合は、人だけじゃなくめろん君も「かあしゃん、がんばれ」って言ってくれているんですよね。悲しみはすぐには癒えないとは思いますが、ご家族・ご友人やめろん君との心のつながりを元気の素にされてくださいね。また、時々立ち寄らさせていただきます。
みき |  2009.04.04(土) 19:43 | URL |  【編集】

みきさんへ

みきさん、いらっしゃいませ。
本当にみきさんのおっしゃるとおり、自分にとって大切な人のことを思い知らされています。
そして、めろんはいつも私を励まし癒してくれているってすごく感じます。
大切な人たちのためにもちゃんとしなければ、という思いと、ついついクヨクヨしてしまう心の葛藤があって・・・
でも、大丈夫です。
ご心配に心から感謝します。
ありがとうございました。
あちゅこ |  2009.04.04(土) 22:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック

この記事のトラックバックURL

→http://sibamerotusin.blog34.fc2.com/tb.php/336-67a62318

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。