スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

真夜中のめろん

2009.03.01 (Sun)

夜、私と一緒に眠る時はほとんど私が抱っこして2階へ上がります。
(めろんが私といたいというより、私がめろんといたいから・・・)
でも、昨晩は気持ちよさそうにウトウトしていたので、そのままリビングにいた方がいいと思い、1人で寝室に向かいました。
ウトウト・・・


ところが、ベッドに入ってからしばらくすると足音が聞こえます。
長男かと思ったけど、カツカツ・・・と聞こえるので、めろんのようです。
そっと部屋のドアを開けると、なんとも嬉しそうに普段あまり振らないシッポをフリフリしながら入ってきます。

まずいな・・・夜中だってのに遊びたいの?
そんな心配をよそに、まっすぐ私のベッドに向かい、布団にもぐると私のおなかの辺りでコロリンと丸くなります。
な~んだ、一緒に眠りたかったのねハート
安心して、また眠りの世界へ入ろうとしていると・・・

もそもそ・・・とめろんが動き出します。

やっぱり遊びたかったのか汗とか
起きようかどうしよう・・・と考えていると。。。
ペロペロと私の顔を舐めるめろん。
うひゃ~、保湿クリームが~~~無言、汗
ちょっと慌てていると、、、、
もわもわもわ~ん・・・と、いつかどこかで嗅いだ事があるニオイが汗あせ
どうやらオナラをしちゃったようですうしし

顔をペロペロしながら
『あのね、ぷすっと出ちゃったらフガフガッと臭ってね・・・でも、めろん知らない間の事だからめろんと違うと思う絵文字名を入力してください
って言ってるように見えました笑う

そうこうしている間に、布団の中にこもっていたニオイはどこかへ消え去り、めろんは元の位置へ。
そして、朝までぐっすり眠ったのでした。
おさわがせしました。。。

オナラはさすがにちょっと困るけど、私と一緒に眠りたいと思っためろん。
可愛いぞぅふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
スポンサーサイト
18:03  |  めろんの日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。